×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二重まぶたの作り方

二重まぶたにしたいと願っている人は多いです。女性はもちろんのこと男性にも増えてます。このサイトでは二重まぶたの作り方に関する情報を集めてみました。二重まぶたを作るための化粧品、手術、マッサージ法など色々あるので、是非参考にしてみてください。

サイトトップ > 二重まぶたの種類

二重まぶたの種類

二重まぶたには大きくに分けて2種類あります。
ひとつが平行型、もうひとつが末広型といいます。
平行型の二重まぶたは、二重まぶたのラインの始まりが目頭から離れていて、そのまま平行にラインが入っている形を言います。
末広型の二重まぶたは、二重まぶたのラインが目頭にくっついた所から始まり、目尻に行くにしたがって徐々に広がるものを言います。
一般的に平行型の二重まぶたは華やかな印象をあたえるのに対して、末広型の二重まぶたはどちらかといえば控え目な印象をあたえるようです。
世界全体から見れば平行型の二重まぶたの人が多い傾向にある用ですが、日本人を含めた東洋人(モンゴロイド)には末広型の二重まぶたの人が多くみられ、白人や黒人・アラブ系などの人はほぼ平行型の二重まぶたが多いようです。
どうして東洋人には末広型の二重まぶたの人が多いかというと、東洋人の中でも特にモンゴロイドにあたる人種(モンゴル人・中国人・朝鮮人・日本人など)にみられる特有の蒙古(モウコ)ヒダという、目頭のところの皮膚が原因となっています。
蒙古(モウコ)ヒダが原因で目頭のところに折り目が付きにくい為、末広型になってしまうわけなんです。
もちろんモンゴロイドの中にも欧米人のように目頭の蒙古ヒダがまったくなく、目頭の切れたぱっちりとした平行型の二重まぶたの人もいます。
二重まぶたにあこがれている人が目指すのは、この平行型の二重まぶたということになります。

二重まぶたについて一覧