×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二重まぶたの作り方

二重まぶたにしたいと願っている人は多いです。女性はもちろんのこと男性にも増えてます。このサイトでは二重まぶたの作り方に関する情報を集めてみました。二重まぶたを作るための化粧品、手術、マッサージ法など色々あるので、是非参考にしてみてください。

サイトトップ > 二重まぶた手術の種類

二重まぶた手術の種類

二重まぶた手術には大きく分けて2通りの方法があります。
一つは「切開法」といって、二重のライン上を切開し、まぶたの余分な筋肉や脂肪をある程度切除した後に、表面の皮膚を裏側の組織と縫合する方法です。
そしてもう一つが、「埋没法」です。
医師によって糸のかけ方や糸の本数、結び方が異なりますが、基本的には同じ手術です。
つまり、まぶたを大きく切開することなく、極細の医療用の糸を用いてまぶたの表と裏を縫い合わせてしまい、その糸を結び目ごとまぶたの中に埋没してしまう方法です。
埋没法と切開法のどちらも長所と短所とがあり、100%理想的な手術法とはいえないので、短所をよく理解して手術法を選択しなければなりません。。
切開法は皮膚を切るだけでなく、まぶたの内部構造を二重になるように根本的に変えてしまいますので本当の二重になります。
これに対して埋没法は皮膚を切らないので、当然まぶたの中も処理されません。
まぶたの内部構造は何ら変化せず元のまぶたのままなのです。
人間の体は元に戻ろうとする修復機能がありますので、切開法の場合は変化させた二重のラインにとどまりますが、埋没法では元の一重に戻ろうとしてしまいます。
これが埋没法の欠点であり避けて通ることはできません。
しかし、実際には埋没法で二重の本当のクセがつく人も多くいるのも事実です。
このクセのつき具合には程度の差があり、ほとんど元の状態に戻ったようにごくわずかにクセが残ったラインから、くっきりした二重のラインまで千差万別です。
この理由はよく分かっておらず謎のままです。

二重まぶたを作る美容整形外科手術一覧